プロフィール

YUKO&FILIPPO

Author:YUKO&FILIPPO
広大なワイン畑とヘーゼルナッツ畑に囲まれた、ピエモンテ州クーネオ県の小さな村で、現地出身の夫と2人、暮らしておりましたが…

2011年よりイスタンブールで暮らすことになりました。現在は、トルコとイタリアを行ったり来たり。世界中、旅することを生業とした夫婦が送るダブルライフ。私にとっては毎日が、驚きと発見の連続です…。

*************************

画像・文章のコピー・無断転載
等は、一切禁止しております。
尚、リンクはご自由にどうぞ♪

その他、お問合せやお仕事の
ご依頼などに関しましては、
以下の連絡先より、承ります。

   info@cadelmedic.eu

*************************

Translation
Googleでブログを自動翻訳!
最新コメント
Welcome
TOP12ヶ国でございます♪
free counters

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百塔の街Ⅰ

ピエモンテ州アスティ県の県都、Asti(アスティ)を散策しました。
アスティ・スプマンテと呼ばれる、モスカートからできた甘いスパークリングワインで有名なこの街。
人口は約75,000人で、昔は南イタリアからの移民が多かったのですが、今は外国からの移民が多いそう。
ローマ時代には交通要所として栄え、中世には北イタリアで最も裕福で、力のある都市の一つであった
Asti。多くの塔やゴシック様式の教会などが建てられ、かつては百塔の街と呼ばれていました。

Asti1
劇作家ヴィットーリオ・アルフィエーリ(1749-1803)の銅像

Asti2
16世紀にE.フィリベルトからアスティ市に贈られた市庁舎

Asti3
7~9世紀に建てられた、ゴシック様式の聖セコンド教会

Asti4
1898年に造られたイタリア統一の記念碑

Asti5
13世紀に建てられたコメンティーナの塔

街を散策した後は、Palazzo Mazzettiの中にある、市のアートギャラリーを見学しました。
18世紀にベネデット-アルフィエリによってリフォームされた建物は、歴史を感じる美しい建造物。
撮影禁止だったので写真はありませんが、サヴォイア家の肖像画や収集された日本の調度品など。
興味深いものが沢山あり、おもしろかったです。

Palazzo Mazzetti
Corso Alfieri, 357 - 14100 Asti
www.palazzomazzetti.it


01.11.13

日中はもやだったのが霧に変わり、夜になると一層深くなりました。
風景としては綺麗ですが、助手席に座っていると少し怖いです。

人気ブログランキングへ
お気に召しましたら↑をポチリとクリックして下さい。ありがとうございます♪

テーマ : イタリア
ジャンル : 海外情報

新しい地下鉄

雪化粧をしたイスタンブール。
雪@トルコ
きのうはふわふわと綿雪が舞っていましたが、今日は粉雪がはらはらと降り積もります。

昼過ぎ頃、イスタンブールのアジア側へ、ピザを食べに出かけました。
カドゥキョイまではいつも通り、バクルキョイからフェリーでの移動。
その後、冒険好きのフィリッポが、新しい地下鉄に乗りたいというので、
今回はドルムシュ(乗り合いタクシー)ではなく、地下鉄でゴズテぺまで向かうことにしました。
地下鉄M4号線2
2012年8月に完成した、地下鉄M4号線。水鳥をモチーフにしたデザインの車体です。

地下鉄M4号線1
車内の天井は、魚でしょうか…?

地下鉄M4号線3
駅構内の壁

現在、イスタンブールでは急ピッチでインフラ整備が進んでいるようですが、遺跡が多い土地柄、
工事は大幅に遅れているそうです。

結局、ゴズテペには着いたものの、目的地のゴズテペパークからは遠かったので、
タクシーを利用することに…。以前の記事でご紹介した、ROSSOPOMODOROへとまたやって来ました。
サラダを注文した私には分かりませんでしたが、夫によると、今日のピザはあまり美味しくなかった様子。
イスタンブールでは、ピザを焼く人がコロコロと変わるので、いつも同じ味!とはいかないみたいです。

さて、明日からはピエモンテへと向かう予定です。天気が少しでも回復します様に…。

人気ブログランキングへ
お気に召しましたら↑をポチリとクリックして下さい!ありがとうございます♪

テーマ : トルコ
ジャンル : 海外情報

友人の来土

先日、友人夫婦がトルコに来てくれ、昨晩は一緒にディナーをしました。
訪れたのは、イスティクラール通りにある、GALATA restaurantというお店。
フィリッポが、トルコ人の同僚から教わった、伝統的なトルコ料理のレストランです。

8時半頃になると、民謡のライブコンサートが始まり、トルコのお酒、ラクを沢山飲んだと思われる
おじ様が美声を披露していたり、おば様達がベリーダンスを踊り始めたりと、それは陽気な夜でした。

そして、いつも心遣いが素晴らしい友人が、帰り際に、沢山のお土産をくれました。

takikoからのお土産
ベルギー産のチョコレート、オランダ産のゴーダチーズetc.

さて、今回訪れてくれた友人は、中学校時代からの親友Takiko。
英国IFPA認定のアロマセラピストとして活躍するほか、欧州系航空会社の客室乗務員として飛び回り、
さらには、東日本大震災の被災地でアロマセラピーをするボランティア団体、"Cocoro"を主宰しています。

今回のイスタンブールの旅でも、トルコ国内の自社農園で作られた、上質なオーガニックコットン製品を
見つけたらしく、やはり、目の付け所がセラピストです。

以前、彼女の施術を受けたことがあるのですが、気持ちが良過ぎて眠ってしまいました(笑)。

そんなTakikoが、最高のおもてなしをする、オーガニックアロマサロン"Jubilee"がこちら

http://www.aroma-organic.com/

東日本大震災による、被災地での無償アロマケア活動チーム“COCORO”公式サイト

http://cocoroaromacare.blog.fc2.com/

そして、アロマの香る暮らしを綴ったブログ、"aromatic life"はこちらから

http://aromasalonjubilee.blog71.fc2.com/

是非ご覧下さいね!

それでは皆様、どうぞよいお年をお迎えください!

人気ブログランキングへ 
最後に↑をポチリとクリックして下さると嬉しいです!今年もブログをご覧下さり、ありがとうございました♪

テーマ : トルコ
ジャンル : 海外情報

のら猫天国

イスタンブールでは、本当に多くの野良猫を見かけます。

野良猫1
この猫ちゃんは、私たちが住むマンションの1階の、玄関マットの上がお気に入り。

野良猫3
この様に、カメラを向けても全然逃げることなく、無防備なポーズをとってくれます。

こんなところにも発見!
野良猫2


野良猫4
観光地の敷地で寛ぐ猫ちゃん。

野良猫5
のら犬もよく目にしますが、のら猫ほどではないかな…
大型犬が多く、たまに狼かハイエナのようなものが歩いているのが、怖いです。

イスラム教の預言者、ムハンマドは大変猫好きであったため、トルコ人も猫を可愛がると言われています。
夏には、「のら猫やのら犬に、一杯のお水を!」というポスターが貼られ、猫や犬が人間と共生するトルコ。
昨今は、政府が保護施設を作るという案を提案したそうですが、その施設とはどの様なものなのでしょう…

いずれにしても、猫ちゃん、ワンちゃんが、いつまでも幸せに暮らせることを願って止みません。

人気ブログランキング
お気に召しましたら↑をポチリとクリックして下さい!ありがとうございます♪

テーマ : トルコ
ジャンル : 海外情報

クリスマスの飾りつけ

クリスマスが、もうすぐそこまで来ていますね。
我が家では、クリスマスツリーやポインセチアのほかに、こんな植物を飾っています。

pungitopo

イタリアではPungitopoといって、この下でキスをすると、幸運が舞い降りるそうです。
トルコでもポピュラーな植物で、よくスカーフを巻いた女性が、露店で売っていたりします。


きのう、私たち夫婦はイタリアへと向かいました。

クリスマスのナザールボンジュウ
トルコの空港で見つけた、ナザールボンジュウのクリスマス仕様。

北イタリアのトリノに着くと、やはりぐぐっと冷え込みます。
車窓から眺める冬の茶系の景色が、前は少し寂しく感じられましたが、今はこの風景が落ち着きます。

ゴヴォーネの電飾
ゴヴォーネ村の電飾

近所のバーへアペリティーボ(食前酒)を飲みに出かけると、皆で新しいワインの試飲会が始まりました。
昨夜はちょっと飲みすぎたようです。。

人気ブログランキングへ
お気に召しましたら↑をポチリとクリックして下さい!ありがとうございます♪

テーマ : トルコ
ジャンル : 海外情報

Blog Ranking
ご訪問、ありがとうございます♪
人気ブログランキングへ
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
お探しの言葉をご入力下さい。 例)バーニャカウダ、Barolo
お気に入りBlog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。