プロフィール

YUKO&FILIPPO

Author:YUKO&FILIPPO
広大なワイン畑とヘーゼルナッツ畑に囲まれた、ピエモンテ州クーネオ県の小さな村で、現地出身の夫と2人、暮らしておりましたが…

2011年よりイスタンブールで暮らすことになりました。現在は、トルコとイタリアを行ったり来たり。世界中、旅することを生業とした夫婦が送るダブルライフ。私にとっては毎日が、驚きと発見の連続です…。

*************************

画像・文章のコピー・無断転載
等は、一切禁止しております。
尚、リンクはご自由にどうぞ♪

その他、お問合せやお仕事の
ご依頼などに関しましては、
以下の連絡先より、承ります。

   info@cadelmedic.eu

*************************

Translation
Googleでブログを自動翻訳!
最新コメント
Welcome
TOP12ヶ国でございます♪
free counters

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飛行機嫌い!?

先ほど、無事ピエモンテからイスタンブールに戻ってきました。
帰りのフライトはほぼ満席。この時期はトリノへのスキー客が多いみたいです。

そんな機内での出来事、同じ列に座っていた女性が、飛行機が怖いと言うのです。
泣きはらした様子で、離陸の時には悲鳴に似た声を上げていました。周りの人達が心配そうに見守る中、
一緒にいた彼氏と思われる男性は、離着陸の間、ずっと彼女を抱きしめていて、微笑ましい光景でした。

でも、本人はさぞかし怖かったんだろうなー。
気持ち、分からなくもありません。と言いますのも私、飛行機が怖いのです(?)
今日見た女性ほどではありませんが、離着陸の時は手に汗を握るくらい。
過去に約4年間、客室乗務員として働いていたのに、おかしいと思われるかもしれません。
もちろん、以前は怖いと感じたことなど、全くありません。むしろ、楽しいと感じていました。

怖いと感じる様になったのは、ごく最近の話。
離着陸の時には、前の同僚がよくしていた様に、胸の前で十字架をきりたくなります。(クリスチャンでは
ありませんが…)乱気流の際にははらはらしますし、聞き慣れない音に敏感で、夫に何が原因か聞いたり。
事故が集中する魔の11分(離陸後の3分間と着陸前の8分間)が早く過ぎないかしら…と時計を眺めます。

夫はというと、もちろん平常心。しかし、プライベートで飛行機に乗るのは嫌いみたいです。
仕事で乗り過ぎているからでしょうか、日本を旅行する時も列車の旅を好みます。
飛行機に携わる仕事に就いている&就いていた夫婦なのに、変ですね。

しかし、中途半端に飛行機に乗る機会が多いものですから、せっかくの旅、楽しみたいものです。
皆さんは飛行機、お好きですか??

人気ブログランキングへ
ポチリと↑をクリックして頂けたら、励みになり嬉しいです!今日もありがとうございます♪
スポンサーサイト

テーマ : トルコ
ジャンル : 海外情報

コメント

Secret

Blog Ranking
ご訪問、ありがとうございます♪
人気ブログランキングへ
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
お探しの言葉をご入力下さい。 例)バーニャカウダ、Barolo
お気に入りBlog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。