プロフィール

YUKO&FILIPPO

Author:YUKO&FILIPPO
広大なワイン畑とヘーゼルナッツ畑に囲まれた、ピエモンテ州クーネオ県の小さな村で、現地出身の夫と2人、暮らしておりましたが…

2011年よりイスタンブールで暮らすことになりました。現在は、トルコとイタリアを行ったり来たり。世界中、旅することを生業とした夫婦が送るダブルライフ。私にとっては毎日が、驚きと発見の連続です…。

*************************

画像・文章のコピー・無断転載
等は、一切禁止しております。
尚、リンクはご自由にどうぞ♪

その他、お問合せやお仕事の
ご依頼などに関しましては、
以下の連絡先より、承ります。

   info@cadelmedic.eu

*************************

Translation
Googleでブログを自動翻訳!
最新コメント
Welcome
TOP12ヶ国でございます♪
free counters

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドルムシュの歴史

朝から、どんより曇り空。ここ数日はこういう感じのお天気です。
気温も下がっているみたい。数日前には雪も降っていましたし。一週間前の、暖かな日々が嘘のようです。

そんなお天気でしたが、用事があったので、バクルキョイまで出かけました。
バクルキョイまでは、たいていドルムシュを使います。
ドルムシュとは、乗り合いタクシー(バス)のこと。大きなタイプのものは、ミニビュスとも呼ばれます。

ドルムシュ

車体に書いてある行き先で、どこへ行くのかを確認。ドルムシュはトルコ語で「満員の~」という意味で、
始発の場合、満席になると出発します。手で合図をすると止まって乗せてくれ、降りるときには
「ミュサーイットゥ ビル イェルデ(ここで降ります)」と言えば、すぐに止まってくれます。

そして、支払いは乗ってから値段を聞き、運転手さんに手渡します。運転手さんまでが遠ければ、
前にいる人に行き先と人数を言って渡せば、その人が運転手さんに渡してくれます。もし、おつりが
あれば、それも運転手さんが近くの人に渡し、その人から順々に送ってくれ、手元に届くというシステム。

さて、この乗り物は1930年代の大不況時代に、Cook Halidという人が始めたそうです。
料理人だった彼は、タクシードライバーに転職し、朝と夕方にユダヤ人を二シャンタシュからエミノ二ュまで
往復で送っていました。値段は片道80クルシュ(当時、そのお金でパン5つか、にわとり1羽が買えました)。

ある日、その紳士がHalidに言いました。「おい、若いの。日々の生活はますます苦しくなっているし、
毎月25リラ払うのだってしんどいさ。でも、アイデアがあるぞ。エミノニュに行きたいやつを、もう4人
見つけたんだ。俺たちを一緒に連れてってくれたら、代わりに100クルシュを払おうじゃないか!」

Halidはこの提案を受け入れただけでなく、違う目的地へも人々を送り始めました。

因みに、60年代には、運転手は25歳以下であること、既婚者でなくてはならないetc. 暗黙の
ルールもあったのだとか!そして、人気のある車はシボレーやダッジなどのアメリカ車だったそうです。

今では、そのような古いアメリカの車は見られなくなりましたが、
トルコ人にとって、ドルムシュは大切な交通手段。乗りこなせれば、行動範囲がぐんと広がります!

人気ブログランキングへ
お気に召しましたら↑をポチリとクリックして下さい。ありがとうございます♪
スポンサーサイト

テーマ : トルコ
ジャンル : 海外情報

コメント

Secret

Blog Ranking
ご訪問、ありがとうございます♪
人気ブログランキングへ
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
お探しの言葉をご入力下さい。 例)バーニャカウダ、Barolo
お気に入りBlog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。