プロフィール

YUKO&FILIPPO

Author:YUKO&FILIPPO
広大なワイン畑とヘーゼルナッツ畑に囲まれた、ピエモンテ州クーネオ県の小さな村で、現地出身の夫と2人、暮らしておりましたが…

2011年よりイスタンブールで暮らすことになりました。現在は、トルコとイタリアを行ったり来たり。世界中、旅することを生業とした夫婦が送るダブルライフ。私にとっては毎日が、驚きと発見の連続です…。

*************************

画像・文章のコピー・無断転載
等は、一切禁止しております。
尚、リンクはご自由にどうぞ♪

その他、お問合せやお仕事の
ご依頼などに関しましては、
以下の連絡先より、承ります。

   info@cadelmedic.eu

*************************

Translation
Googleでブログを自動翻訳!
最新コメント
Welcome
TOP12ヶ国でございます♪
free counters

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ossibuchi alla Milanese

今日は、Ossibuchi alla Milanese(ミラノ風仔牛すね肉の煮込み)の作り方をご紹介します。
名前からお分かり頂ける通り、北はロンバルディア州の郷土料理で、メインディッシュの一皿。
名称のossobucoは直訳すると、穴の開いた骨。煮込む間に骨髄が縮み、トロトロになるところが美味です。

<材料-2人分>
仔牛の後ろすね肉…2枚、小さな玉ねぎ…1/2個、塩・こしょう、バター…25g、辛口の白ワイン…1/2杯、
牛肉のブイヨン…500ml、小麦粉…25g、油…大さじ1~2杯、レモン1/2個、ニンニク…1片、
イタリアンパセリ…1/2房、トマトピューレ…120g

まず、鍋に油とバターをしきます。そこに、みじん切りにした玉ねぎと少しの水を入れ、
弱火で10~15分、玉ねぎが透き通るまで炒めます。
玉ねぎ

その間に、すね肉のまわりにある薄い膜を4、5箇所切り、全体に小麦粉をまぶします。
仔牛のすね肉

玉ねぎを炒めた鍋に、すね肉を入れ、塩・こしょうをします。
すね肉

両面に焼き色がついたら、白ワインを入れて火を強め、アルコールを飛ばし、トマトピューレを加えます。
その後は弱火で、ブイヨンの半量を加え、ふたをして、約1時間~1時間半煮込みます。
途中でスープが濃いソース状になったら、残りのブイヨンを加えます。

その間に、イタリアンパセリとレモンの皮とニンニクをみじん切りにして合わせた、グレモラータを作ります。
グレモラータ

仕上がる5分前に、グレモラータを鍋に入れます。

でき上がり♪
Ossobuchi alla Milanese

今回はポレンタを添えましたが、ミラノ風リゾットを付け合せにすると、より伝統的なミラノ風になります。

人気ブログランキングへ
お気に召しましたら↑をポチリとクリックして下さい!Buon appetito♪
スポンサーサイト

テーマ : イタリア
ジャンル : 海外情報

コメント

Secret

Blog Ranking
ご訪問、ありがとうございます♪
人気ブログランキングへ
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
お探しの言葉をご入力下さい。 例)バーニャカウダ、Barolo
お気に入りBlog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。