プロフィール

YUKO&FILIPPO

Author:YUKO&FILIPPO
広大なワイン畑とヘーゼルナッツ畑に囲まれた、ピエモンテ州クーネオ県の小さな村で、現地出身の夫と2人、暮らしておりましたが…

2011年よりイスタンブールで暮らすことになりました。現在は、トルコとイタリアを行ったり来たり。世界中、旅することを生業とした夫婦が送るダブルライフ。私にとっては毎日が、驚きと発見の連続です…。

*************************

画像・文章のコピー・無断転載
等は、一切禁止しております。
尚、リンクはご自由にどうぞ♪

その他、お問合せやお仕事の
ご依頼などに関しましては、
以下の連絡先より、承ります。

   info@cadelmedic.eu

*************************

Translation
Googleでブログを自動翻訳!
最新コメント
Welcome
TOP12ヶ国でございます♪
free counters

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バスに揺られて

キッチンで、家事をしていた正午前。
ゆっくりと、窓から暖かい日が差してきました。
久しぶりに見た、太陽の光!
家にいるのが勿体ないと、半ば急かされた様に、身支度をして出かけました。
夫が残していった、バスの時刻が書かれたメモを持ち、家から2,3分歩いてバス停へ。

バス停

きっと1人で待つんだ。そう思ったら、近所のお家からひとり、若い女性がやって来ました。
挨拶すると、初めてここからバスに乗る私を、彼女は親切に案内してくれました。

この田舎のバスが大好きで、昨年4ヶ月ほど、別の村にいた時もよく利用しました。
行き先は決まってAlba。ランゲ地方の中心街、ワインや白トリュフで有名な観光都市です。
今いる村同様、前いた場所も丘の上にあったので、街へ下る時、望むパノラマは絶景そのもの。
そして、復路のバスでは、その日ドライバー席の後ろに座るお客さんが、必ずと言っていいほど、
運転手さんと降りるまで世間話をしていて、イタリア人、本当に話し好きだなぁ!
そう思いつつ、イタリア語の勉強も兼ねて、聞き耳を立てていました。

何度か乗るうち、私もいつしか運転手さんと顔見知りになり、世間話などをし、
次乗る時には「チャオ!ユウコ!」と、名前まで覚えてもらいました。
Alberto… 彼の名前はずっと記憶にあります。

今日、乗ったバスには、運転手さんの好みなのか、BGMにR&Bが流れていました。

なだらかな下り坂を、うねうねと進むバス。約30分の道のりです。
畑から流れる雪解け水が、せせらぎをつくり、溝に注ぐのが観えました。

ヘーゼルナッツ畑

アルバ付近

途中、信号もなく動き続ける車内から、
なかなか綺麗な写真を撮るのが難しく、まだましだったものの中から選びました。

僅かに残った雪の景色。眺めていると、冬が去っていくのが名残惜しい、そんな気分です。


人気ブログランキングへ
お気に召したら↑ポチリと応援して下さい。ありがとうございます♪






スポンサーサイト

テーマ : イタリア
ジャンル : 海外情報

コメント

Secret

Blog Ranking
ご訪問、ありがとうございます♪
人気ブログランキングへ
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
お探しの言葉をご入力下さい。 例)バーニャカウダ、Barolo
お気に入りBlog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。