プロフィール

YUKO&FILIPPO

Author:YUKO&FILIPPO
広大なワイン畑とヘーゼルナッツ畑に囲まれた、ピエモンテ州クーネオ県の小さな村で、現地出身の夫と2人、暮らしておりましたが…

2011年よりイスタンブールで暮らすことになりました。現在は、トルコとイタリアを行ったり来たり。世界中、旅することを生業とした夫婦が送るダブルライフ。私にとっては毎日が、驚きと発見の連続です…。

*************************

画像・文章のコピー・無断転載
等は、一切禁止しております。
尚、リンクはご自由にどうぞ♪

その他、お問合せやお仕事の
ご依頼などに関しましては、
以下の連絡先より、承ります。

   info@cadelmedic.eu

*************************

Translation
Googleでブログを自動翻訳!
最新コメント
Welcome
TOP12ヶ国でございます♪
free counters

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボスポラスクルーズ<後編>

ボスポラス海峡…それはトルコのヨーロッパ側とアジア側を隔てる海峡のこと。

きのう私が乗ったのは、所要時間約2時間の短いクルーズ。
途中、終点のアナドル・カヴァウで3時間の休憩を挟む、所要時間約6時間のクルーズもありますが、
前回行ったことがあるので、今回は短い方にしました。

出発は14:30で、お値段は10TL(約500円)。
ちなみに、長い方の定期観光船は、10:35、12:00、13:35の出発時間があり、お値段は25TL(約1250円)。
ただし、出発の時間はよく変更されるそうなので、窓口などで、あらかじめ確認が必要です!

今回は日本語の音声ガイドを頼んでみました。
こちらは5TL(約250円)で、デポジットに身分証明証か100TL(約5000円)が必要です。


少し風が強かったものの、天気はよかったので、一番上の席に座りました。

ガラタ橋
ガラタ橋

ドルマバフチェ宮殿
ドルマバフチェ宮殿

ボスポラス大橋
ボスポラス大橋

メフメット大橋
メフメット大橋

ボスポラスクルーズ
トルコでは国旗をよく見かけます…

エミノニュ
エミノニュ


ちなみに、以下が6時間クルーズのときの写真です。

ボスポラスクルーズ2


ルメリ・ヒサル
ルメリ・ヒサル(要塞)

こちらのクルーズでは、時期によっては夕暮れ時の景色も楽しむことが可能でしょう。
しかし、ツアー等で時間に制約のある方は、約2時間のクルーズでも十分に楽しめると思います♪

人気ブログランキングへ
最後に↑をポチリとクリック!応援ありがとうございます♪
スポンサーサイト

テーマ : トルコ
ジャンル : 海外情報

コメント

Secret

Blog Ranking
ご訪問、ありがとうございます♪
人気ブログランキングへ
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
お探しの言葉をご入力下さい。 例)バーニャカウダ、Barolo
お気に入りBlog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。