プロフィール

YUKO&FILIPPO

Author:YUKO&FILIPPO
広大なワイン畑とヘーゼルナッツ畑に囲まれた、ピエモンテ州クーネオ県の小さな村で、現地出身の夫と2人、暮らしておりましたが…

2011年よりイスタンブールで暮らすことになりました。現在は、トルコとイタリアを行ったり来たり。世界中、旅することを生業とした夫婦が送るダブルライフ。私にとっては毎日が、驚きと発見の連続です…。

*************************

画像・文章のコピー・無断転載
等は、一切禁止しております。
尚、リンクはご自由にどうぞ♪

その他、お問合せやお仕事の
ご依頼などに関しましては、
以下の連絡先より、承ります。

   info@cadelmedic.eu

*************************

Translation
Googleでブログを自動翻訳!
最新コメント
Welcome
TOP12ヶ国でございます♪
free counters

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スローフードの発祥地 (続き)

昨日の記事の続きです。

ランチの後、MarcelloにAgenziaを案内してもらいました。
Agenzia
19世紀前半、サルデーニャ王国(ピエモンテ)の王Carlo Albertoによって建てられた
Pollenzo Agenziaでは、かつて農業、牧畜、そしてワイン栽培の実験が行われました。
確かに、歴史の息吹が感じられる重厚な建物です。

La Banca del Vino (直訳するとワインの銀行)
Wine Bank
この写真のエリアには鍵がかけられてありました。きっと高級ワインなのでしょう!

ワイン銀行というアイデアは1990年代、スローフード協会会長Carlo Petrini氏の提案です。
設立のきっかけは、古いボトルの保存方法が不確かであったため、多くのイタリアンワインの
入手困難が明るみに出たこと。ワインを美味しく保つには、適切な環境での熟成が不可欠です。
蔵の中の温度計を見ると、12℃を指していました。

ピエモンテワイン ピエモンテワイン

このように、北のアオスタから南のシチリアまで、高品質のワインがずらりと並びます。
貯蔵庫は1838年に作られたもので、サヴォイア王家は新しいワイン製造法をフランスから
導入するため、醸造研究者Paolo Francesco Staglienoに協力を求めました。
その頃、ここでネッビオーロ(ピエモンテ原産のぶどう種)の伝統的な醸造が始まったのです。

セラーは2004年、新たに開かれ、今はワイン博物館となっています。
ワイン生産者や生産地について知ることができ、また、試飲も可能です。

人気ブログランキングへ
お気に召したら↑をポチリとクリックして下さい。ありがとうございます♪
スポンサーサイト

テーマ : イタリア
ジャンル : 海外情報

コメント

Secret

No title

こんにちは!

いや~!ステキ過ぎる場所に住んでいるのね♪本当に羨ましい限りです(笑)

前の記事のソーセージのパスタも見るからに美味しそうなトマトソースだとわかるわ!
トマトソースとパンチャッダだけで美味そう♪

ワインもかなりお安いんでしょうね。一度行ってみたいな~☆

スローフードとかスルーライフに10票!!!

Re: No title

こんにちは。コメントありがとうございます!
ドバイでお世話になった、ねーさん(笑)ですよね!?
ここピエモンテは、食材や郷土料理が豊富で住みやすいです。
パンチェッタもおいしいですよね!
また、普段お家で飲むワインは5ユーロ位で手に入ります。
日本でも気軽にお酒を買える喜び、実感されているのでは(笑)
10票の応援、どうもありがとうございます♪

Blog Ranking
ご訪問、ありがとうございます♪
人気ブログランキングへ
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
お探しの言葉をご入力下さい。 例)バーニャカウダ、Barolo
お気に入りBlog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。