プロフィール

YUKO&FILIPPO

Author:YUKO&FILIPPO
広大なワイン畑とヘーゼルナッツ畑に囲まれた、ピエモンテ州クーネオ県の小さな村で、現地出身の夫と2人、暮らしておりましたが…

2011年よりイスタンブールで暮らすことになりました。現在は、トルコとイタリアを行ったり来たり。世界中、旅することを生業とした夫婦が送るダブルライフ。私にとっては毎日が、驚きと発見の連続です…。

*************************

画像・文章のコピー・無断転載
等は、一切禁止しております。
尚、リンクはご自由にどうぞ♪

その他、お問合せやお仕事の
ご依頼などに関しましては、
以下の連絡先より、承ります。

   info@cadelmedic.eu

*************************

Translation
Googleでブログを自動翻訳!
最新コメント
Welcome
TOP12ヶ国でございます♪
free counters

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Acciughe Fritte al Prezzemolo

マリアのレシピ第2回。前回のレシピはこちらから、ご覧下さい。
このカテゴリーでは、ピエモンテ料理、それから、フィリッポの母Mariaの出身地
Liguria(リグリア海に面したリグーリア州)のレシピを中心に、お届けしたいと思います。

今夜のメニューはAcciughe Fritte al Prezzemolo(パセリ風味の鰯のフライ)
リグーリア料理です。きのうの朝市で買った、鮮魚のカタクチイワシAcciugheを使います。
とんかつ作りの要領に似ていますが、イタリアのパン粉は日本のものより粒子が細かいので、
フードプロセッサーをお使いになるか、固くなったパンを摩り下ろして準備なさると良いでしょう。

まず、カタクチイワシを開いて水分を取り、小麦粉をむらなく薄くまぶします。
まな板の上の鰯
今日、夫が張り切って出してきた大理石のまな板を使って…
この後、アシスタントの私にバトンタッチです。

ボールに、パセリのみじん切りと塩を入れた溶き卵を作り、これを先程のいわしに付けます。
揚げる準備完了 あとはパン粉をつけて、オリーブ油で揚げるだけ。

ついでに、冷蔵庫にあったカルチョーフィ(アーティチョーク)も揚げました。
ちなみにリグーリアも、アーティチョークの産地として有名なのだそう。

Carciofiカルチョーフォスライス
                     この位の薄さ↑に切り、イワシと同様に料理します。

揚げたて
揚げ物は盛り付けまで待てず… お行儀悪いですが、揚げたてを2人でつまみます(苦笑)

あとは、冷やしたプロセッコ(ヴェーネト州の発泡性白ワイン)。
Prosecco これがあれば、もう言う事ありません!


人気ブログランキングへ
応援の1クリック↑をありがとうございます。Buon appetito♪
スポンサーサイト

テーマ : イタリア
ジャンル : 海外情報

コメント

Secret

Blog Ranking
ご訪問、ありがとうございます♪
人気ブログランキングへ
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
お探しの言葉をご入力下さい。 例)バーニャカウダ、Barolo
お気に入りBlog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。