プロフィール

YUKO&FILIPPO

Author:YUKO&FILIPPO
広大なワイン畑とヘーゼルナッツ畑に囲まれた、ピエモンテ州クーネオ県の小さな村で、現地出身の夫と2人、暮らしておりましたが…

2011年よりイスタンブールで暮らすことになりました。現在は、トルコとイタリアを行ったり来たり。世界中、旅することを生業とした夫婦が送るダブルライフ。私にとっては毎日が、驚きと発見の連続です…。

*************************

画像・文章のコピー・無断転載
等は、一切禁止しております。
尚、リンクはご自由にどうぞ♪

その他、お問合せやお仕事の
ご依頼などに関しましては、
以下の連絡先より、承ります。

   info@cadelmedic.eu

*************************

Translation
Googleでブログを自動翻訳!
最新コメント
Welcome
TOP12ヶ国でございます♪
free counters

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小さな村の薬局

ここ数日の、春らしい柔らかな日差しの下。
お庭の雪が溶け、緑色の絨毯がすっかり、顔を出しました。
木々をよく観ると、ちょこんと小さな若緑の芽が吹いています。
庭

昨日の記事を書く時、化粧品が切れそうなのを思い出して
今朝、バス停の向かいにある薬局へ行きました。

そこには、いつも穏やかな笑顔で迎えてくれる、薬剤師Robertoの姿があります。
Farmacista

お薬が好きなわけではありません。でも、ここへ来ると何だかほっとするのです。
清潔感漂う、整然と並んだ商品の陳列。それに、木のぬくもりや陶磁器が醸し出す
優しい雰囲気が調和していて… 一番好きなタイプのインテリア。

人口約2000人のこの村で、夫は「知らない人がいない」と言います。
ロベルトとも昔からの親友の様に挨拶を交わし、化粧品1つ買うだけで、世間話が始まります。
そこにいたお客さんが加われば、薬局はちょっとした社交の場に早変わり。
今日はブログの話で盛り上がったので、村の仲間達もこのページに来てくれるかもしれません。

ワイン畑
お昼、またバスに揺られてアルバへ

そして夕暮れ時、前に住んでいたMontelupo Albese モンテルポ アルベーゼへ行きました。
モンテルポ

私達の村からは約30分の道のり。丘の上の景色は標高が300m違うと、まるで別世界です。

すっかり、溶けたはずの雪が、まだそこにありました。

人気ブログランキングに参加しています。
最後に応援クリック↑頂けると嬉しいです。ありがとうございます♪
スポンサーサイト

テーマ : イタリア
ジャンル : 海外情報

コメント

Secret

Blog Ranking
ご訪問、ありがとうございます♪
人気ブログランキングへ
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
お探しの言葉をご入力下さい。 例)バーニャカウダ、Barolo
お気に入りBlog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。