プロフィール

YUKO&FILIPPO

Author:YUKO&FILIPPO
広大なワイン畑とヘーゼルナッツ畑に囲まれた、ピエモンテ州クーネオ県の小さな村で、現地出身の夫と2人、暮らしておりましたが…

2011年よりイスタンブールで暮らすことになりました。現在は、トルコとイタリアを行ったり来たり。世界中、旅することを生業とした夫婦が送るダブルライフ。私にとっては毎日が、驚きと発見の連続です…。

*************************

画像・文章のコピー・無断転載
等は、一切禁止しております。
尚、リンクはご自由にどうぞ♪

その他、お問合せやお仕事の
ご依頼などに関しましては、
以下の連絡先より、承ります。

   info@cadelmedic.eu

*************************

Translation
Googleでブログを自動翻訳!
最新コメント
Welcome
TOP12ヶ国でございます♪
free counters

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バーニャカウダの作り方

まだまだ寒い日が続きますね~。
そこで、今日は冬のピエモンテ料理、Bagna Caudaのレシピをご紹介します。

このお料理、最近は日本でも人気があると聞きますが、まだ母国で味わったことはありません。
日本のバーニャカウダは、もっとオシャレで上品なのかしら… なんてちょっと気後れしますが(笑)
もとはピエモンテの家庭料理!せっかくですので、お家の味をそのままお伝えすることにします。

<材料>
アンチョビ…1人当り2切れ、ニンニク…1人当り2片、オリーブオイル、お好みの野菜など

Bagna Cauda 1 Bagna Cauda 2

アンチョビ Acciughe salate は洗って水気を切り、ニンニクは薄くスライスします。
お鍋にオリーブオイルをたっぷり注ぎ、そこへニンニクを入れ、ごく弱火にかけます。
じっくり、ニンニクの色が変わらないよう、柔らかくなるまで煮ます。
そこにアンチョビを加え、常に弱火で時々かき混ぜながら、アンチョビがとけたらソースの完成♪

Bagna Cauda 3 Bagna Cauda 4
Bagna Cauda 5 テラコッタのお鍋 Pentola di coccio


Bagna Cauda 6 Bagna Cauda 7
野菜は上から時計回りに、アーティチョーク、Cardoキャベツパプリカビートルート
今回は子牛の薄切り肉(キャベツの左側)も入れ、ちょっと贅沢なバーニャカウダです。

Fornello da Bagna Caudaというポット(写真右)にソース1人分を入れ、固形燃料で温め
先ほどの具材をつけて頂きます。お肉を召し上がる時は、暫くポットの中で煮て火を通して下さい。

具材には、先にアーティチョークを載せましたが、これはバーニャカウダには不向きでした…
その他おすすめのお野菜は、生野菜でしたらCavolo verza、Topinambur、Insalata-
Belga、Trevigiana
。 茹で野菜でしたら、ジャガイモカリフラワーにんじん玉ねぎ
パプリカは生でも、グリルして皮をむいたものでも。 お好みでどうぞ♪

Bagna Cauda 8 普段はこんな感じ。

生玉子は最後に入れます。これも火を通して頂くと美味しいです!
ワインを合わせるなら、若いBARBERA バルべーラという赤がおすすめ。

そして、デザートにはクッキーを、冷やしたMoscato モスカート(デザートワイン)と共に
頂きました。ピエモンテのクッキーについては次回、更新致しますので、どうぞお楽しみに!

人気ブログランキングへ
お気に召したら↑をポチリとお願いします。Buon appetito♪

スポンサーサイト

テーマ : イタリア
ジャンル : 海外情報

Blog Ranking
ご訪問、ありがとうございます♪
人気ブログランキングへ
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
お探しの言葉をご入力下さい。 例)バーニャカウダ、Barolo
お気に入りBlog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。