プロフィール

YUKO&FILIPPO

Author:YUKO&FILIPPO
広大なワイン畑とヘーゼルナッツ畑に囲まれた、ピエモンテ州クーネオ県の小さな村で、現地出身の夫と2人、暮らしておりましたが…

2011年よりイスタンブールで暮らすことになりました。現在は、トルコとイタリアを行ったり来たり。世界中、旅することを生業とした夫婦が送るダブルライフ。私にとっては毎日が、驚きと発見の連続です…。

*************************

画像・文章のコピー・無断転載
等は、一切禁止しております。
尚、リンクはご自由にどうぞ♪

その他、お問合せやお仕事の
ご依頼などに関しましては、
以下の連絡先より、承ります。

   info@cadelmedic.eu

*************************

Translation
Googleでブログを自動翻訳!
最新コメント
Welcome
TOP12ヶ国でございます♪
free counters

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラットリアでのランチ

ここ一週間つづく灰色の空。イタリア人も例年にない天気を嘆いていて、
「私達、この国に歓迎されてないのかもね。」なんて冗談を言ったりしています。

そんな午後、フィリッポが小声で私を呼ぶので、急いでお庭に出ると…
野ウサギ
 
なんと野ウサギが!!!!!まるで、置物の様に固まっています(苦笑)
道路に現れた野ウサギなら珍しくはないものの、お庭で見るのは初めてのこと。
結構近くまで寄りましたが、チャオと声を掛けると、ぴょんぴょん茂みの中へ跳ねて行きました。

お昼は、Asti県のSan MartinoにあるConcordiaへ、ランチに出かけます。
トラットリアのランチは、ディナーよりもさらにカジュアルな雰囲気です。

まずは、前菜の盛り合わせ
前菜盛り合わせ

この地域ではお馴染みの定番のメニューです。
鮮やかな2色のパプリカの上にのっているのが、バーニャカウダソース
その右がピエモンテ名物のTomino トミーノ。ヤギの乳から作られた柔らかいチーズで、
このトラットリアでは、色とりどりのハーブを纏って出てきます。
そして、下の方に見えますのがVitello Tonnato ヴィテッロ トンナート
茹でた子牛肉スライスの上に、ツナ、ケーパー等が入ったマヨネーズソースがかかったもの。

それから、プリモにはPasta e Fagioliを頂きました。
プリモ

初めて味わうこの一皿には、お野菜&インゲン豆がたっぷり入っていて、滋養がありそう!
ボリュームあるミネストラという感じでしょうか。大きなボウルがテーブルに置かれ、
好きなだけおかわり出来るので、美味しくて、ついつい食べ過ぎてしまいました。

いつもの様に店主のUGOと話すと、今彼は食品衛生、ファーストエイド、火災予防などの講習を
受けていると言います。イタリアでのレストラン経営には、これらの知識を身につけるのが必須
なのだとか。この辺りは客室乗務員の時に勉強したこととよく似ています。

因みに、このレストランも家族経営。イタリアでは、この形態のお店や企業が非常に多いのです。
家族との結びつきが強いと言われる、イタリア人の特徴がこんな所にも垣間見えます。

人気ブログランキングへ
皆様の1クリック↑が、更新の励みになっています。
いつも応援ありがとうございます♪
スポンサーサイト

テーマ : イタリア
ジャンル : 海外情報

La Finanziera

春霞が立ち、今日は山の風景を見渡せず…
物憂い雨の中、小鳥たちのさえずりだけが、明るく響いていました。

夜は、外へ食事をしに出かけます。先月の誕生日から約一ヶ月振り。
ここへ越してからというもの、ほぼ自炊で外食の機会が珍しくなりました。
場所はSan Martinoにある、Concordiaという名のトラットリア。
夫が昔からご贔屓のお店で、私も数年前から何度も来ています。
今日は、さほどお腹が空いていなかったので、メインのみ注文しました。

ピエモンテ料理 Finanziera

フィナンツィエーラという、初めて味わったこの一品は、
子牛のミートボールと内臓、キノコ、グリーンピースなどを煮込んだお料理。
まだ寒いこの時期に味わうと、ほっこり温まる様な、素朴なうま味がありとても美味しかったです。
他にも、私が知らないピエモンテ料理は、まだまだ沢山あるのだと思います。

食事が終わり、レジがある部屋へ向かうと、そこにはいつものおばあちゃまがいました。
テーブル前の椅子に腰かけ、私達に斜め後ろ姿を向けて、無表情のままテレビを眺めています。

ゆるやかなグレー色の、カールがかった髪をきちっとピンで留め、上品な雰囲気のおばあちゃま。
気付いたのか、こちらへ徐に顔を向けました。私の前では、夫とご主人が陽気に話している最中。
声は届かないだろうと思い笑顔で挨拶すると、いつもの様に、にっこりと微笑んでくれるのです。

人気ブログランキングへ
↑をクリックして頂くと、現在の順位をご覧になれます。
いつもご訪問&応援して下さり、ありがとうございます♪

テーマ : イタリア
ジャンル : 海外情報

スローフードの発祥地

教会 スローフード運動の発祥地 Bra ブラ

Bra市のPollenzo ポレンツォまでは、家から車で約30分の距離。この街で先日、
スローフード協会の編集部に勤める夫の友人Marcello、夫、そして私の3人でお食事しました。

スローフード協会本部 Agenzia
Agenzia1
AgenziaはAlbergo dell'Agenzia 4ッ星ホテル、La Banca del Vino ワイン貯蔵庫、Guido Ristorante Pollenzo レストラン、そしてUniversita degli Studi di Scienze Gastronomiche 食科学大学の4つの建物から成ります。
元々要塞だったこの土地は、1835-1842年、サヴォイア家が所有していたもの。

Agenzia2Agenzia3

ランチをしたホテル(写真右)内のレストランで、まず話題に上ったのは食科学大学のことでした。
大学は、ワインと食の知識を広めるため、2004年スローフード協会主催で設立された私立大学。
生徒の半分弱が外国人で日本人も3、4名が在籍との事。講義はイタリア語と英語で行われます。
大学の目的は、新しいプロフェッショナル像の育成。食品の生産、流通、販売促進や
農学、栄養学の工学等、あらゆる分野で有能な食通を育てることだそうです。

Pasta ピエモンテ名物のTajarin

手打ちパスタにかかっているのは、オーソドックスなソーセージ入りのソース。
ここのタイアリンはパスタが薄く、トマト味が効いていました。
同じ郷土料理でもレシピは様々。レストランの個性を感じます。

次回はAgenzia訪問の続き、La Banca del Vinoについてお伝えします。

人気ブログランキングへ
お気に召したら↑をポチリとクリックして下さい。ありがとうございます♪

テーマ : イタリア
ジャンル : 海外情報

Blog Ranking
ご訪問、ありがとうございます♪
人気ブログランキングへ
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
お探しの言葉をご入力下さい。 例)バーニャカウダ、Barolo
お気に入りBlog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。